« 5年の月日が教えてくれる春。 | トップページ | 息がしやすい社会 »

2021年6月21日 (月)

どうなるんだこの夏・・・

192194080_4076725662422231_3675939987076

日本からオランダに戻り父とよくラインで話します。
ヨハンが残してきた金魚や釣り上げた魚を父が育てていて、画面越しに魚の成長を見せては『夏休み、帰ってこれたらおいでね。』と優しい声。帰れるものなら帰りたい〜

190447956_4076725735755557_6883422085341
オランダの感染状況は5月はじめまで毎日7000人(人口は日本の7分の1)でしたがワクチン摂取が35%まで進んで来た今週、3500人に減って来ています。
ワクチンが広まると医療現場のベッド数に余裕が出てきて、これまで治療ができなかった人達への順番がやっと回ってきたり、健康に関わる多くの施設に少しづつ緊張が溶けて行くような感じに、ほっとしています。
オランダに帰ってきて、まだスーパーに数回行っただけ、人にもほとんど会わず、花のスタイリングアシスタントをしながら絵を描いて過ごす日々、夏休みは帰れそうにない現実・・

190753510_4076725805755550_4951364453588
7月のオリンピックと重なっているので、考えきれないというのが現実です。
不思議で仕方がないこの現実・・・・・
世界中がこれだけコロナで苦しんでいる中、ワクチンも日本はまだ5%にも満たない中で10万人の人達が海外から(ほぼみんなワクチン接種済みの人が多いと思いますが)やって来ます。
感染を持ち込む不安、感染拡大の心配、医療現場の逼迫、これまでの犠牲も涙無しでは語れない・・・・書いてる今でさえ、涙が止まらない。
コロナで多くの家族が引き裂かれ、会うことも許されず最後を看取れなかった悲しみにたくさん出会います。私も子供達が母に会いに行ったこの春、たったの2分、病院から施設へ移る母を待ち伏せ駐車場で会えただけでした。こんな最後の別れがあるのかと思うと、どんな人でも想像できると思うのですが、オリンピック、本当にやるつもりですか?!
オリンピックは世界が落ち着けば、またできるじゃないですか!
今ある命を、どうか守ってほしい。と海外に住む者たちは家族の最後に立ち会えない現実をまだまだ共にしてます。
そしてここからは、不思議な質問です。
どなたかご存知の方おられたら、教えてください。
日本に入国した場合、今現在、私も含め全員この状況におかれているはずです。
1、日本に到着後、PCR検査 
2、3日間、国指定の宿泊先に隔離(日本国が負担)
3、3日目、再度PCR検査
4、入国から14日は公共交通機関は使用できず、届け出ている所で隔離(保健所の管理下に置かれて毎日、連絡がある。)
外国から来る10万人の方々がどうやって、これできるのか。
空港あたりの移動はレンタカーなしでは移動できません。
10万人の人たちがどうやって隔離され、移動できるのか・・・・
タクシーも禁止です。
オリンピック直前にこれらが一気に解除されてしまうのでしょうか・・・・

190383692_4076725869088877_6996799373406

|

« 5年の月日が教えてくれる春。 | トップページ | 息がしやすい社会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5年の月日が教えてくれる春。 | トップページ | 息がしやすい社会 »