« 花とピアノコンサート「粉雪の木」 | トップページ | 今年もよろしくお願いします。 »

2009年12月31日 (木)

ありがとうございました!

P1010470

オランダの花やさん、今年最後のお仕事は年末選手権。
無事に完走できそうです。

クリスマスの教室が終り、お歳暮、お正月のお花飾りと頂くご注文を一つ一つ
作りながら、いろんなことを感じ、学び、感謝しました。

P1010460


何を、今さら・・・・

っと思うかもしれませんが、
昨日、ふっと、はじめて私が花屋さんになった。と思えたのでした。
頂いたご注文一つ一つにチューニングをあわせて、
ぴったりの花とぴったりのものを何一つ不安に思わずに
作れるようになった感覚がありました。材料やいろんな状況を想像し、
作る上で技量のなさを常に感じ、まだまだと思ってはいますが、
ふと、花屋になったと思えた瞬間にすごく嬉しかった。

P1010527_2

一人一人が全く違う個性を持つように、お花にもそんな個性がある。
この個性をもっともっと、活かせるようにイメージし、よし10分!と心に決めると、
手が花を握りだすというか・・・・あっという間に10分でできるのです。
決して雑とかそういうものは、全くなくて、ただただ、まっすぐ走ることができるように
なった感じです。

続けてこれた、本当によかった・・・・

今回も本当に遠くから遠くからご注文を頂き、
嬉しい2年ぶりのご注文だったり、
花を通じで出会った大切な人への贈りものだったり、
一人一人にチューニングをあわせて作ることができる喜び、
あ~本当に私は恵まれている。

P1010342

花は本当にやさしい。
香りも手ですくった泡みたいに。
冷たい風も粉雪も窓辺に見える夕去りの月も
花の向こうの世界。
今年は、花との世界がどこまでも広げられた、大きな年でした。
たくさんの表現活動も行い、花を活けるパフォーマンスも新しいわたしの表現となりました。
来年はさらに、花と私の心のつながりを見つめながら、この1年で得た大切な贈り物を
さらに磨いていきたいと思います。

P1010419

大切な人と
大切な時を
美しいことばで
美しい花と
語り合いたい

この1年、私はいろんなことがありましたが、
心から大切な人へ花へ感謝しています。
失ったものは何一つありません。
全ては私の血となり大切な心の栄養となりました。
こんなに厳しくて美しい学びの日々を、心から感謝します。

来年ももっと、学び花を手にできるよう、がんばります!
ご指導、よろしくお願いします!

P1010017

|

« 花とピアノコンサート「粉雪の木」 | トップページ | 今年もよろしくお願いします。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花とピアノコンサート「粉雪の木」 | トップページ | 今年もよろしくお願いします。 »