« 今日の作品 | トップページ | オープン教室のご案内です。 »

2009年10月 7日 (水)

作品展に向けて

016

今日は11月に行なう第5回オランダスタイルフラワーアレンジ作品展のイメージコンサートを有田の花伝さんで行ないました。

今回の作品展の大きなイベントは花とピアノのコンサート。
生徒さんが花を活けるときにピアニストの重松壮一郎さんがピアノを奏でられます。
生徒さんはそれぞれの「旅立ち」を胸にひとつひとつ、場所、答えを探しながらお花を活けていきます。


私自身も「旅立ち」をテーマに、作品を作っています。
「旅立ち」について考えれば考えるほど、新しい技術も想像も生まれます。
私自身にテーマを与えることによって、日常とはまた違った発見、開発があります。

P1010024

これは、真直ぐ進む「旅立ち」の道、その周りの空気によって
進む道のようなイメージで、作った作品です。技術的にもとても
優れたものだと、久し振りに嬉しかったです。

P1010011

今日のコンサート、コンサートといっても普通のコンサートとは違います。
集まった生徒さん、お客さん13名ほどで、旅立ちについてサークルトークをします。

私の「旅立ち」は、息子の友人の死から頂いた周りの心、その子の魂が川に流れて
いくようなイメージをお花で表現していきたい。
いろんなことがあるけれど、美しいことを覚えている人生にしたい。
出会い、別れ、その出会いに感謝してお花を活けたい。
父と母が亡くなって残された数々の父と母のものをかたずけることができなかったけど、旅立ちの時、父と母が残してくれたものは物ではなく、心だと知って荷物を整理しはじめることができた。などなど、あ~一人一人の旅立ちの美しいこと。
涙が何度もあふれてきました。

P1010002

ピアニストの重松さんも生徒さん1人1人の「旅立ち」を聞いてご自身の旅立ちと
あわせながら即興演奏を30分ほどされました。その30分は昼の部と夜の部と2回
行ないましたが、どちらとも、全く違ったもので、私ももう一度「旅立ち」が私にとって
どんなに大切か、手を握り締めていろんなことに感謝しながら、聴きました。

私が今、こうして素晴らしい一瞬を迎えることができるのも、本当に恵まれた、
周囲の支えと理解の中で、美しい人に出会い、分かちあってきた月日を心から感謝しました。

P1010038

夜のデモンストレーションで作った作品です。
テーマは「赤く続く道と今地点」
これも、技術的にはとてもよくできた気がしました。
作品としては、多々気になる所もありますが、レッドウイローほどに私の気持ちも赤かった。

作品展会場で、どんな作品が生まれていくだろう。
見に来られるお客さんがそれぞれの「旅立ち」をどのように感じてくれるだろう。


第5回オランダスタイルフラワーアレンジ作品展、どうぞ、ご期待ください。

Dm_shashins 

|

« 今日の作品 | トップページ | オープン教室のご案内です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の作品 | トップページ | オープン教室のご案内です。 »