« 作家さんコーナー始りました~ | トップページ | joy!わたしの楽しみ報告~まだまだ続きます~ »

2009年4月 8日 (水)

joy!わたしの楽しみ・製作レポート1

Dsc02506_2

いよいよ、金曜日にはじまるJoy!わたしの楽しみ展まであと少しになって
きました。 日曜日から毎日、ギャラリーへ通い、共演するピアニストSOSOと
現代美術家のジュンコさんと3人で、黙々と作業をしています。

作品を制作していくうえで、おのおのの気持ちを探り、逃げ出さず向き合い、
引き出しあう、ということで、互いを成長させ、新しい発見と取り組みへ進ませる。
こんなことをしてみたい。という思いは、どんどん膨らみ、そこへ3人で向っていく。
そこへ向う姿を互いが喜び、それ!いい!いや違う!って
失うことや、傷つくことを恐れずに向き合っている私に気がついた。

Dsc02507_2

3人での取り組みは「生の間」に続き2作品目。
3人は心の動きやインスピレーションを、それぞれ内に抱え
それぞれの形で表現していく。
そして、この形を話すことで、このうまれた宝物を本当に嬉しく思う。

日々は本当は生きている宝物。
子供のとき、私は宝物箱を持っていた。
そんな宝物を今は持っていることを忘れてる。

旅の音楽家SOSOは、旅先で演奏すること、その時にそこでうまれるものを
音にしてる。「僕にとって一つ一つの場所が宝物」って、気がついて昨夜は
涙があふれてた。こんな宝物を分かちあえる友がいることが、嬉しくて
もっともっと分かちあいたい。って思う私に気がついた。
私は今までも分かちあえない寂しさにいつも心が悲しかったから。

Dsc02491

私は記憶をすぐになくしてしまう。
いやなことも大事なことも忘れてしまう。
記憶がないことでルーツも見失いがちになる。
小さいときの記憶もほとんどない。
友達との思いでも、家族との思いでも少ない。
でも、さびしいことがいつも胸にあった。

私はめずらしく子供のときからマンガやテレビが嫌いで、テレビで知る常識や知識、
芸能界やドラマ、宣伝、など一切知らずに育った。学校でも社会でも
人が知る当然のことや、ニュースを全く知らない話題に全くついていけない浮世人。
その私は小さいときから常識がないっていつも、責められた。

ただ、そうしかなれなかった。
ピアノ弾いたり、絵を描いたり、楽器を作って遊ぶこと、
観察することが私の楽しみだった。
ただ、これを分かちあう仲間がいなかった。

やさしい思い出は父がギターを弾いて、私がピアノを弾いて、
兄が笛を吹いて、母が洗濯物をたたみながら笑っていたこと。
あれが私にとっての楽しみだった。テレビとかではなかった。
でもこのことを分かちあえる友はいなかった。

だから宝物は1人で過ごした孤独かもしれない。って思うとこの矛盾した、だけど
確かな宝物、そしてこのことをもう、責めるのをやめよう。
表現しようと思う。

宝物は目に見えにくいもの。
形にしにくいもの。
言葉さえも見つからないもの。

でも確かにある。

P1010010

|

« 作家さんコーナー始りました~ | トップページ | joy!わたしの楽しみ報告~まだまだ続きます~ »

コメント

舞さん、こんにちは。

宝物がいっぱい!確かにここにありますね。

また、少し心が強くなれますように。
私も一緒に成長できますように。

またお会い出来る日を楽しみにしています。

投稿: 泣き虫、笑い虫、眠り虫 | 2009年4月 8日 (水) 15時07分

わ~まさしく、泣き虫、笑い虫、眠り虫でした・・・
眠っているのに、眠れず、泣いたかと思えば笑って、
笑ったかと思えばまたぶつかって。
あ!これ子供のときと同じ!

レポートお待ちくださいね。

投稿: mai | 2009年4月14日 (火) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 作家さんコーナー始りました~ | トップページ | joy!わたしの楽しみ報告~まだまだ続きます~ »