« アトリエのお正月工房 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

2008年12月31日 (水)

美しいときを生きますように。

P1010072

今日のお仕事でお正月のお仕事がお終いと思うと、
昨日から少し寂しい気持ちになりました。
最後にお届けしたアマリリスのお花がお届け先で
お花が散っている。という電話をいただきました。

他にお届けしたお客さんにお電話し、お花が大丈夫か
確認をしながら、なんと学びの多い1年だったかと
起こしてしまった失敗を振り返りながら、まだまだ技量不足だと
認識し、来年はもっともっといい作品を、思いのままに
お届けできるよう、成長したいと思います。

P1010128

日々は刻々と静かに成長します。
お花を活ける私もデザインも、思考もみんな移っていきます。
そして一緒にこの時を生きる家族やスタッフがいます。
オランダの花やさんも10年前とは全く違うものになりました。
そして、今が一番いいと思えるようになりました。
失敗も恐れず、学べるような気持ちが心の底にできたことが
大きな変化かもしれません。

今年はそんなことに気が付かせてもらった大きな年でした。
秋の「生の間」展で私は、私が、私であることの意味と
どこに私がいて、どこに向いたいのか、生きるということを
どうしていきたいか。を見つめる機会でした。

必ず出会う生と死を受け止め、今私がここに在ること、
一生懸命、心と体で生きるということ。
命あることが当然のことではなく、生きている今は奇跡的なこと、
だから出会う全てのこと、人を活き活きと活かそう。

一つ一つに感謝し、毎日祈りの時を持つようになりました。

P1010050 

大事な人とのお別れや悲しみになんの慰めにもならないかもしれない。
でも、そこで側にいたい、手を握っていたい。って花を手にできた日々。

悲しみの反面、生まれてくる命、そして今生きている花を切ることへの矛盾を
どうしていきたいか。悩みや多くのジレンマは今も続きます。
お花を生産し、花を活けていくことが、環境破壊への負担も多くあります。
たくさんのゴミも出します。しかし、来年はこのゴミを減らし、
環境破壊へ加担しない仕事を自ら作っていきたいと思っています。

私はこのオランダの花やさんをはじめた10年前となんらかわっていないけど、
確かなものがたくさん、今、ここにある。って思える様になりました。

P1010260

来年の4月には、「生の間」展で生まれた私の中の育てられていない表現を
もっと深めていきたいと、また3人で取り組みます。どうぞご期待ください。
そして11月には、記念すべき第5回の大きな作品展を行ないます。
これらのイベントは、盛大にすることを目的としていません。

共に歩んできた生徒さん、お客さん、そしてアトリエスタッフ、
その皆を支える私と家族、そして私自身の成長を振り返るため、
今という時を生きるために、行なっていくものです。
P1010035

時を生きる。ということをもっと深めるために、
来年ははじめて、花と詩の作品をカレンダーにする予定です。
花を活ける、時を活ける、そこに流れてくる雲のように
降りてくることばを作品にしたいと思っています。
どうぞ、お楽しみに。

皆さん、いつもいつも遠くから、毎日毎日見てくださり、
ありがとうございます。私は花を通して活かされている。
って日々、思っています。この日々を大事にできるように
来年も誠意をもって、作品作り、そしてお花のお届けを
していきます。どうぞよろしくお願いします。

P1010116

スタッフのみんな、いつもいつもことばにできないほどの
愛とリスペクトをありがとう。いつも、私に届いています。
これからも、一緒に生きていこう!

大事な友よ、あなたが私を思うとき、
それは私に届けられる。そして大きな励みとなり
喜び、悲しみをともにできる。孤独からの解放をありがとう。

今も暖かく見守ってくれる父と母へ、
「子供がいなくても人から支えられ生きていける。
そんな星の下に生まれてるから大丈夫。」って
言ってくれたことは、一生忘れない。ありがとう。

最後に、クレムさん。
この秋ははじめて、1ヶ月のオランダへの帰省おめでとう。
二人の本当の自立を知った、とても大事なスタートでした。
この自立に出会えたことが、とても大きな大きな喜びです。

私のパートナーとして生きていくことがクレムさんにとって
本当に幸せなのか、日本で生きていくことが本当に幸せなのか、
孤独の中で生きるクレムさんを支えていくことができるのか、
その私は本当に幸せか、今も問いかけは続きます。
自立した私たちがこれからどんな未来を作っていくか、
私自身もとても楽しみです。いつもいつも本当に一緒にいてくれてありがとう。

P1010133

読んでくださり、ありがとうございました。

年始は1月7日からアトリエスタートします。
またどうぞ遊びにきてください。
オランダからのハーブもたくさん、届きました。
お楽しみに。

|

« アトリエのお正月工房 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

コメント

ひとつひとつの言葉に感動、そして共感いたしました。

最後の写真・・・、クレムさんとの写真・・・とっても素敵です。

いつの日か、よしむらさんとクレムさんにお会いしたいです。


今年が、みなさんにとって素敵な年でありますように♪

投稿: わたなべ | 2009年1月 5日 (月) 16時03分

わたなべさん

おはようございます。はじめまして。
渡辺さんのこと、ほんの少し、知っていました。
嬉しい出会いです。声かけてくださり、ありがとうございます。
きっと、会えると思います。
いつの日か、もっともっと本物に近ずけるよう、
互いに学びあっていきましょう。
ほんと、嬉しい。ありがとう。

植物はやさしい気持ちに応えてくれますよ。
本当の気持ちはみんなリスペクトしてくれます。
時が知らせてくれます。そんな時に気付けて
幸せですね。

今度、わたなべさんのお花みてみたいです。

どうぞ美しいときを生きますように。

投稿: Mai | 2009年1月 6日 (火) 01時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アトリエのお正月工房 | トップページ | あけましておめでとうございます。 »