« クレムさん出発! | トップページ | 生の間・始まりました。 »

2008年10月 1日 (水)

生の間・いよいよ明日から始まります!

Photo

いよいよ始まります。
心の準備もできました。
明日から形にしていきます。
皆さん、是非、体感しにきてください。
作品と皆さんがお会いできますように。


佐世保に戻り、このお仕事をはじめて、
数えると11年の時が流れている・・・・

ある日、仲良しピアニストの重松壮一郎さん(SOSOさん)が、
「Maiちゃんにとって、花を切るってどういうこと?」
と問いかけてきました。

オランダでお花を勉強していた頃、
「本当にお花が好きだったら、花を切って表現したりして、
野原に咲く花を眺めていればいいのではないか。」と考えていましたが、
答えはいつか見つかるかもしれない。と
とりあえず、勉強。と心の奥にこのこと封印しました。

SOSOさんは、扉を開けて封印していた傷を
また見せてくれたのですが、それが、全く熱を持ってというか、
膿をもって、腫れて生きている・・・・・

痛い。

J05

腫れた傷。これからも花を活けていくために、
時が過ぎて封印した傷と向き合うために、
そしてこれからも大好きな花を活けていくために、
はじめて、個展らしきことを行います。

いつも目的のために、人のために、活けてきた花、そして植物。
私の内面と植物の関わりはいったい、どうだろう・・・・

空間や目的、イメージを作って活けるのではなく、
自分自身がテーマに心を向けていくために、
とても素晴らしい二人のパートナーと一緒に作品を
作っていくことにしました。

Shige001_2

いろんな表情を持つSOSOさん、音を通して今回、空間ゼロから
一緒に音を通して「生の間」時空間を作っていきます。

SOSOさんと私の関係は表現者として
同じ時空間を同じ旋律をもって、音で奏でる詩人。
そしてその詩は一時もどの瞬きも美しい。
生きている。

Photo_3

それから現代美術家のスズキジュンコさん。
うん、このジュンコさんはきっと、SOSOさんと私をどっこいしょ。っと
背負ってくれる、大事な人。
想像の旅に一緒にでかけ、同じ地点で休憩がとれるような、
いろんな世界を共有できる友。

こんな素敵な二人と向き合うことができるのは、
楽しみであり、喜びです。お互いの扉を開きながら、
愛をもってその傷と向き合い、解放していこうという試み。

こんな作品発表だったら、やりたい。やってみたい。
はじめての個展(三位一体)展です。

そして、とても嬉しいことに、オランダの花やさんスタッフのみんなが、
こんな作品展に是非、みんなに見てもらおう、遠くから来てくれる人に
楽しんでもらおうと、アトリエ(重尾町)の温室をつかって、
楽しいイベントを計画してくれました。

P1010356

私は作品製作の方(生の間展会場・アトリエから車で20分)
にいるので、アトリエのみんなの負担が心配に
なったくらいですが、スタッフの井手橋隊長をはじめ、
着々と準備は進み、なんと、15店舗の出店、カフェまで出来る。
となりました・・・・・

ほんと、いつもいつもスタッフのみんなは私を励まし、
背中をおしてくれる。ありがとう。本当に心美しき花娘達。
(いつまでそう呼べるのか・・・・)

どうぞ、イベントを兼ねて、遊びに来てください。


「生の間」展の詳しくはこちらから
(フライヤー希望、チケットお申し込みの方はご連絡ください。)

P1010037

心の小さな傷。
小さな大きな痛み。
祈りは生死の循環へ捧げる詩。
枯れていくことへの想像。
生きていくことへの想像。
枯れるも美。生きるも美。
生と死の間の詩。封印された詩を詠む。

(ニルス=ウド ”自然へ”より)

生と死、有機的なものと無機的なもの、
生きているその瞬間に存在するものと向き合う。
ピアニスト重松壮一郎・
現代美術家スズキジュンコ・
フラワーアーティスト吉村舞
がひとつの空間に一つの主題を
昇華させるべく集うコラボレーション。
3人の制作で完成されていく時空間{生の間}で、
空間と音が動き出す特別イベント開催。

P1010093 

公開制作(入場無料)
10月2日(木) 11:00~16:00
10月4日(土) 11:00~16:00
10月5日(日) 11:00~13:00

作品「生の間」 完成コンサート
10月5日(日曜日) 18時開場 19時開演
前売りチケット¥2000(当日¥2500)
高校生以下¥1000(3歳以下無料)

チケット予約

メールでのお問い合わせも受け付けております。
もしくはお電話でどうぞ。
(0956)38-8783
 maistyle@oranda8783.com

会場 長崎県波佐見町井石郷2187-4
    ギャラリーmonne porte(モンネポルト)

電話番号 0956(85)8155
P1010s155_2

|

« クレムさん出発! | トップページ | 生の間・始まりました。 »

コメント

 花伝さんでのコンサートとても感動しました。舞さんの歌う姿にも驚きです!すてきな詩でした。自然と真剣に、また素直に向き合っていらっしゃるのをあらためて、感じました。
 5日に行けないのは残念ですが、またの機会を楽しみにしてます。
                         
                      佐々木 典子

投稿: 佐々木 典子 | 2008年10月 3日 (金) 14時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クレムさん出発! | トップページ | 生の間・始まりました。 »