« 「生の間」展とイベント案内です~ | トップページ | 秋のはなまつり レポート2 »

2008年9月23日 (火)

いよいよ来週始まります~レポート1

P1010403

いよいよ来週の「生の間」展、 
そして 秋の花祭りまで1週間となってきました。

心の準備のため、ここの所、ブログを書くことを止めて
気持ちをそちらへむけておりました。
今日から1週間ほど、準備やイベントの詳細を紹介していきます。

P1010405

今朝の作業は植え込み。
ここの畑で栽培されているお花の苗を頂き、
生の間展で使う材料として、準備しました。

ここの畑は人里離れた所にあって、人の声よりも
鳥の声や虫の声が、まるで公園で遊ぶ子供たちのよう。

温室で育った私にとって、この温室の香り、土、ビニール温室の湿度が
気持ちよいし、ほっとするのです。

今回のイベント秋の花まつり では、この私の後ろのハウス一つを解放し、
草花や苗の販売、畑のお兄さんによるお花の植込みデモンストレーション、
手作り雑貨さんや体にやさしいものすごく、私の大好きなぐり~んさんのお菓子や、
カフェ、などなど、たくさんの素敵な人たちが集まります。

P1010398

温室の後ろから見える風景はなんとも静かで、
う~ん言葉にするなら、羽音が聞こえてきそうな所。
山は二ツ岳。

今回、私は秋の花まつり期間中は「生の間」展で制作するため
この秋の花まつりにはいませんが、スタッフのみんなが、
任せて!と準備を進めてくれています。

私の大事な右腕、井手橋隊長とのやりとりの中で、
私の念願の「どうしても、温室を使ってほしい。」という提案をいたしました。

井手橋はそんな私の気持ちを深く理解してくれています。
温室が来るお客さんにとって、暑すぎたり、
土くさかったり、足元が悪くて不快な気持ちにならないだろうか・・・と
いう気持ちを持って、準備を進めてくれています。
本当にありがとう。深く愛しています。

このやりとりの中で私はますます、素晴らしいスタッフとの関係に感謝し、
今まで10年も続けてこれたことを、またかつてここで一緒に仕事をし、
このオランダの花やさんにたくさんの知恵と愛と助けをくれたスタッフのみんなに、
心から感謝しています。ありがとう。

この秋の花まつりが、「生の間」展が、私たちにとって大事な気付きです。


P1010401

アトリエの窓から見える稲穂も垂れ下がってきました。

秋の実り、心に実る。

これからも、みんなで一緒に働くことができますように。
これからも、オランダの花やさんを続けていくことができますように。

明日は出店する方の紹介をいたします。お楽しみに。


P1010356

|

« 「生の間」展とイベント案内です~ | トップページ | 秋のはなまつり レポート2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「生の間」展とイベント案内です~ | トップページ | 秋のはなまつり レポート2 »