« 夏休みこども工作教室! | トップページ | 森の時 »

2008年7月28日 (月)

森の時計

P1010133

毎月1回のパオさんでのお教室の日。
今日は夏のお花を活けました。
バランスをみながら1本1本を活けていきます。

バランスのレッスンでは構図を持つこと、
空間と配置は、手にするお花1本とじっくり向き合います。
この枝が活きる所、向き、空間はどうか、静けさはどうか、動きはどうか、
影はどうか、気持ちよいかどうか、と1本と向きあう中にあります。
バランスとりのレッスンはとても集中するらしく、シーンとしています。
P1010131

終わった後のシェアリングの時間。
感想に難しかった!と聞こえます。
でもその表情はとても健やかで明るく、何かを成し遂げたあとの解放の顔って、
本当に美しくて、こんな生徒さんの顔が見れるのは幸せです。
今日、1人の生徒さんが述べてくれた感想の中に
「先月からまた1月、時を重ねこの重みを感じた。お花を活けてこの1月をまた感じた。」と
教えてくれました。お花が教えてくれる時間。生徒さんに教えていただく時間。
素晴らしい時です。ありがとうありがとう。

2008_0718_121

ちょっと、ぼやけてしまいましたが、携帯カメラでとっています。
お教室で作ったお花。

だれのために摘むの
だれのせいで四角い露
谷川雁の詩をよみながら、おおお!!ぶどうさん!!
ぶどうに恋。

2008_0725_125

もう一枚、ぼやけてしまった。
来週行われる秋のはなうたの写真撮影の作品製作の場所を探しに山へ。

森に入って一人、森の中で森の時間に溶け込んだ。
杉の木の香り、風、光、静かに時は流れ、
うたが生まれてきた。

遠くで聞こえる町の時計。
1本の杉の木に頭を寄せてみたら
あの時、あの人と重ねた時と重なり、
町の時計と森の時計の間で涙がポロポロでて、
森の時計で生きれたら、あの人は楽になれるだろう。

森の時計を作品にしてみようかな。
作品できるかな。

|

« 夏休みこども工作教室! | トップページ | 森の時 »

コメント

舞せんせい

先日のお花教室では、ここちよい時間を過ごさせてもらいありがとうございました。
そして、予定されていた教室が延期になった理由も知らず・・・
自分が参加できたことだけを舞先生に伝えてしまったことをとても悔やみました。
 その日、初めて舞先生のブログを拝見しました。
そのような思いの中で、舞先生は教室に集まった私たちと向き合ってくれ、丁寧に教えてくれたことを自分なりに省みました。
 舞先生、すみませんでした。


なのに、やさしく明るい姿勢で接してくれてありがとうございました。


           
 

投稿: lily | 2008年8月11日 (月) 13時03分

おはようございます。こちらこそ、やさしいお心、ありがとうございます。教室でお花と向き合う時、生徒さんと向き合う時、私は本当に幸せです。こうした心の動きをお花を通して頂くからです。みんなみんな美しい心でお花が鏡のようだと思います。いろんな雑念や心配から離れ、その美しい心と向き合っている時なんだな~とlilyさんのお言葉から感じました。ありがとうございます。これからも、こんな素敵な時を過ごしましょうね。
また教えてくださいね。心のことばを。

投稿: mai | 2008年8月12日 (火) 02時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏休みこども工作教室! | トップページ | 森の時 »