« 山口さん、待ってます。 | トップページ | 六ヵ所茶会を開きます。 »

2008年7月24日 (木)

おばあちゃんのお弁当

オランダの花やさんでは、午後4時ごろ、仕事が多いときは
「おやつの時間」というのがあります。

ずっと昔から使っているお菓子箱。
スタッフのみんなが知っているお菓子箱。
そのふたを開けると、

P1010004_2

これ、なあああああにいいいいいいいい???!!!

蝉の脱殻・・・・・

そして、

P1010005 

この前、熊本からやってきてくれた純ちゃんの
みんなへのメッセージ。

P1010003


アトリエの壁にもこっそり・・・・・

熊本に帰る前に寄ってくれました。
おばあちゃんが作ったお弁当(ウコンの葉に巻かれていた)を
みんなで食べよう!って、食べているうちに、おばあちゃんが
いるということ、大好きなおばあちゃんがいるということに感動して
涙が出そうになった。

おばあちゃんの玉子焼き、おいしかったね。
おばあちゃんの昆布入りのおにぎり、おいしかったね。
おばあちゃんの味、やさしかったね。

本当にお弁当はうれしいね。
いつか、私もそんなおばあちゃんになりたいな。
くずれた玉子焼きが恥ずかしいって言えるおばあちゃん。

純ちゃん、いつも本当にありがとう。

大好きです!(スタッフ一同)

P1010007

今日はアトリエで、こんなものが出来上がっていました。
ガラスの職人、山田のまーちゃんの手に渡ると、
素晴らしいものが出来上がる。

今日のお仕事の最後にみんなでまーちゃんに拍手!!!!!
今週の日曜日はパオさんで日曜市場があります。
一部、私もこのサボテンシリーズをもって、魔法のビンをもって、
出店しています。遊びにきてくださいね。

|

« 山口さん、待ってます。 | トップページ | 六ヵ所茶会を開きます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山口さん、待ってます。 | トップページ | 六ヵ所茶会を開きます。 »