« 東京でのお仕事・その2 | トップページ | チョコケーキのアレンジメントとお茶の時間 »

2007年10月26日 (金)

ハーブ教室 

P1010023

先日、2回目のハーブ教室がアトリエで行われました。
今回は、バラの花びらのジャム作り。お~なんと、ロマンチックな!!!!
バラの花びらとハイビスカス、白ワイン、レモンの香りがアトリエに広がりました。
あまりの甘い香りに、

ブ~ン ブ~ン っと大きな大きな熊蜂もやってきました。
仲間をたくさんつれて帰ってきたらどうしよう・・・・・・・

P1010025

お花の仕事の傍ら、ハーブの勉強ができるなんて、願いはかなうものです。
ハーブこそ、昔昔から、人が生活の中で薬効に、気持ちよくするために使ってきた長い自然の繫がりに、あ~私がここにいるって、すごいな~と感動しながら、ハーブの素晴らしさに心惹かれています。
大事なのは、生活の中に生かせること。

P1010027

ハイビスカスの色って、こんなにきれい。そして、甘ずっぱさがおいしい。
バラのジャムなんて・・・・・私には高貴すぎる。なんぞ思っていた、頭の固い私も、
レッスンを受けているうちに、無農薬のバラの花びらで作る、自分の手作りのジャムが
どんなに特別なものか、そして、そんな素晴らしいギフトをたくさんの人にプレゼントしたいという気持にまで発展しました。さすが、先生!!!

P1010033

一番、驚いたのは。砂糖の量。ほとんど砂糖を使わない私にとって、この量は1年でも使い切れない量でした。しかし、この量を見て、はじめて市販のジャムって、もっともっと砂糖が入っているだろし、保存料も入っているだろうな・・・・・・どっさり入る砂糖に開いた口がふさがらず。
P1010043

出来上がったジャムをぺろぺろ。台所でなべをなめている者やら、
スプーンをなめている者やら、みんなあちこちで、ぺろぺろしてる!
おいしい、おいしいジャムができました。みんなで作るジャム作り。
ほんと学びの多い教室です。P1010037

お持ち帰りのジャム。すごく幸せ。
作品展が終わったら、せっせとジャム作りをするつもりです。あ~楽しみ。

ハーブ教室、次はなんと・・・・・・

「キャンドル作り」をします。
11月22日(木) アトリエ(重尾)10:00~12:30分
アロマキャンドル作り。本では見るけど、一人でするには難しそう・・・・・
作り方だけではなく、先生のハーブの講義を聴きながらの学びの多い会です。
みつろうを使ったキャンドル作りもやるそうです。そして、毎回、嬉しいプレゼントが付いてきます。(お楽しみに)

この講座、私が夢に見てきたハーブの学び会。年が開けたら、保湿クリーム作りとか、ハーブの染色なども講座で学びたいと企画していきます。講師の八谷先生は、私も大ファンになってしまいました。素晴らしい先生です。
講座、興味があられるかたは、お問い合わせどうぞ。
電話 0956(38)8783
メール mai.style@oranda8783.com

|

« 東京でのお仕事・その2 | トップページ | チョコケーキのアレンジメントとお茶の時間 »

コメント

佐久の鈴木です。こんにちは。先日は、IFEXでは、どうもありがとうございました。
花やハーブの楽しみ方は、本当に無限だと思います。
ちょうど私のブログでも、先日こんな記事を載せています。

http://ringring.busidan.net/?eid=454186

食べたり、香ったり、触れてみたりと、花はいろいろと楽しみを与えてくれますね♪

投稿: ringring | 2007年10月26日 (金) 12時38分

すごいすごい!こんなの食べてみたい!!
作リ方、習ってお花を鈴木さんに頂いて作ってみたいです。
すごいな~革命者のすることは。私も、もっとそんな足元に近ずきたいです。

投稿: mai | 2007年10月27日 (土) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハーブ教室 :

« 東京でのお仕事・その2 | トップページ | チョコケーキのアレンジメントとお茶の時間 »