« オランダの花やさんスタジオより | トップページ | オランダの花やスタジオより »

2007年6月 7日 (木)

オランダの花やさんスタジオより

P1010004_1 教室にフェアートレードショップ・パオの森田さんに来ていただきました。今月のky王室のテーマはキャンドルナイト。夏至の夜に電気を消してスローな時間を大事な人とゆっくり過ごしてみましょう。という内容を、森田さんよりお話ししていただきました。

森田さんは私の大好きなとても、かっこいい人です。伝え方も、何かしら私にもできることからはじめよう。という気持ちや、いろんなことを考えるきっかけになったのではないかと思います。

蜜蝋でキャンドルを作りました。蜜蝋のキャンドルがどんなに素敵か、ミツバチ博士を尋ね教えていただきました。そのお話も一緒にレッスンでさせていただきました。

私にできること、小さなことでもみんなが意識しながら生活、仕事をすることで、たくさんのエネルギーを抑えることができると思います。

P1010009 教室の風景です。今日は12名の生徒さんと一緒に。
花材は畑に咲いたダリア、マトリカリア(八重)、スモークグラス、アワ、ブルーベリー、グリーンなどです。素朴な初夏のお花を集めたアレンジですが、できあがりは、みんな違う。全く違う。

P1010019 アトリエ横の田んぼを背景に。
インディアンのテントを想像するような形です。キャンドルの火が灯されるとき、お花の影が下のほうにとてもきれい。
上のまあるいものは、みつろうのキャンドルです。

草花は本当にかわいい。
特に初夏のお花は露地で咲いてくるものが多くなるので、これまた美しい!

P1010044  製作中はとても集中されていて、お花の色や配置のバランスをひとつひとつ、探していかれます。その人がその人のバランスを見つけたとき、また次に進む。という過程をとても大事に思います。

ダリアの花はほんと、かわいい。
色とりどりで、ポンポンしていて、体中につけていたいほどです。

P1010046 レッスン終了後、今日は特別。
パオの森田さんがいつもお店で出されているフェアートレードのカレーをみんなでいただきました。スタッフも合わせて19名の食卓。とても楽しい時間です。みんなでお皿を運び、ネパールのカレーの香りを楽しみながら、あ~楽しい。

P1010051 楽しくて笑いが絶えません。
こんなことができるのは、本当に豊かで平和なんだと改めて思います。集まること、楽しむこと、そんなことが許されないところも、世界にはたくさんあります。こんな楽しい時間を過ごす私の反面、イラクでは毎日毎日、死者が絶えず、日本の未来はそんな戦場へ向かうような政治を支える社会となっています。私個人は幸せですが、その反面、いつもどこにでも、こんな不幸せを感じているのは、幸せでない逃げられない人たちがいるからだと思います。そんなことを思いながら、特別な特別な食事を終えました。

P1010053 無農薬の玄米とフェアートレードのネパールのカレー、サラダ、フェアートレードコーヒーに紅茶といただきました。
おいしかったな~。
森田さん、本当に大変な移動お仕事、ありがとうございました。森田さんの話されたことをきっかけに、またアトリエのスタッフもいろんな視野が広がり、確かな力、自分にもできるという力を感じる、今日です。

パオの森田さんのホームページhttp://www006.upp.so-net.ne.jp/fairtrade-pao/

この6月の教室のために蜜蝋のキャンドルを送ってくださった、七色舎の小形さんに感謝。とても素晴らしいキャンドルです。七色舎のホームページ。http://www.nanairosha.com/

どうも楽しい時間をありがとうございました。次回はオープンクラスでハーブの楽しい時間を先生をおよびして行いたいと思っています。案内ができましたら、ホームページで、またブログでお知らせいたします。
生徒の皆さん、楽しい時間を本当にありがとうございました。

|

« オランダの花やさんスタジオより | トップページ | オランダの花やスタジオより »

コメント

こんにちは!お世話になってるmaaです。お疲れ様です。。。
先日は素敵な時間をありがとうございました♪
遅れての参加失礼しました。(また、時間のあられた時にミツバチの話を聞かせて下さい!とてもいい話と聞きました。。。)

あの日、あの時間を充実し有意義に過ごせた事に感謝します。。。  でも、それと同時に考えていかなきゃいけない事を学びました、、、
パオの森田さんのお話、北極熊が溺死いている現実、南の美しい島が水没する可能性がある事、、、  幸せな日々の生活の中で、どこか人事のように捉えてた自分・・・   何か私に出来る事、、、

子供達に『ハチドリの物語』を読み聞かせ、キャンドルナイトの話をし、自分達に出来る事を話し合い、一人一人が『クリキンディ』になろう!と、決めました。。。

自分達が出来る事はわずかなこと・・・ でもするとしないでは違ってくるし、もっと知識をつけて、意識して取り組んでいこう!と思いました。

そう動かしてくれたのは、今回の教室です!

これからも、いろんな話を語り教えて下さい♪

本当にありがとうございました。 
                maa

投稿: maa | 2007年6月 7日 (木) 20時57分

さすがmaaちゃん、叩くと響く太鼓の音、めっちゃ良いですね。私もあんなに楽しい時間を過ごせたことをとても嬉しく思います。楽しみながら学び、そして生活に仕事に反映できることで社会はゆるやかに変わっていくのだと思います。まずは私から・・・・ですね。お勉強っていつになっても楽しいです。そしてそんなお勉強は生涯、死ぬまで世代を超えて続けて行きたいと思います。体も頭もみんなみんな命がある限り、最大限に生かしたいと思いますね。

クリキンディーは意識しないとすっかり指名を忘れてしまうので、常に意識して意識して言葉にして伝えていくこと、伝えることを恐れず、根っこを分かち合うことを私も大事にしたいと思いました。

これを機にまた楽しい教室とオランダの花やさんのポリシーでもある小さな豊かな社会作りを仕事の中で伝えていこうと思います。どうぞご期待ください。(7年もかかって、まだこの程度ですが、長い時間をかけても、かたつむりでもがんばるぞ~!!)

投稿: mai | 2007年6月 8日 (金) 04時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オランダの花やさんスタジオより:

« オランダの花やさんスタジオより | トップページ | オランダの花やスタジオより »